お金に困った友人の行動

高校卒業後、私は都内の専門学校に実家から通っていました。

同じクラスには地方出身の人が多く、仲の良かった友人も都内のアパートでひとり暮らしをしていました。

ある日、友人が「ホントはいけないのは分かっているんだけど」と言いながら、自分のバッグを開けると、そこにはトイレットペーパーが2個入っていました。

何が何だかよく分からなかったので聞いてみると「今月は本当にお金が無くて、トイレットペーパーが買えないから学校のトイレのストックをもらって来てしまった」とのことでした。

私は『ダメだよそんなこと』と言いたかったのですが、彼女のご両親も学費を払っている訳ですし、アパートでトイレに入れないのもかわいそうだと思い、黙っていることにしました。

その後はそう言った事はしていないと思いますが、実家暮らしの私にはかなり衝撃的な出来事でした。